雑記

興味のあることだけ書き留める

糖質カット酵母で糖尿病の合併症の恐怖が消え、ヘモグロビンA1Cは6.2mg/dlまで下がった

糖尿病はとにかく合併症がコワイ病気

10年前に脳梗塞を発症した私は、当時の仕事である解体業を続けることは不可能な体になりました。

体を使う仕事だったため、食事をしっかり摂って、午後3時にはおやつのお菓子類を食べることが習慣でした。

 

肉体労働ができなくなった後も、根が好きなこともあって食事の習慣はそのままでした。ところが、たまたま受けた健康診断で血糖値が高くなっていると言われたのです。

運動と食事管理をきちんと行うように、医師から厳しく言われ、食事指導も念入りにやりました。

 

脳梗塞の後遺症で目に障害が出ているため、運動は無理。そこで炭水化物とお菓子はもちろん、脂っこい料理も食べずにいようと決めました。ところが、この食事制限がつらい。年齢的にも脂ものが欲しいとは思わないのですが、ご飯などの主食がないと物足りません。そのため血糖値が上がることにびくびくしながらも、ご飯を食べ続けていたのです。

 

血糖値の上昇は怖いが、ご飯も食べたい、そんな私がラジオで耳にしたのが、糖質カット酵母でした。摂取した糖質を腸内で分解してくれると知り、さっそく取り寄せました。

 

飲み始めてみると、腸が活性化したのかガスが頻繁に出るようになりました。便通はいつにも増して快調です。そして、糖質カット酵母の飲用を開始してから3ヶ月後の健診で、これまで8.0mg/dl台からびくともしなかったヘモグロビンA1Cが少し下降。よい兆しが出てきました。

 

その後もヘモグロビンA1Cは下がり続けて、飲用から1.7年たった現在では6.0mg/dl台で安定しました。多少、甘いものやご飯を食べ過ぎたときでも糖質カット酵母をしっかり摂れば血糖値は上昇しません。これまで血糖値の値にビクビクして食事をしていましたが今は多少食べ過ぎてもOKです。

 

着実に糖尿病が改善されたのです。ヘモグロビンAICが正常値になった今では、ご飯でもパンでも安心して食べることができます。合併症の不安も消え、自然と笑顔が増えました。友人にも「元気だね」と言われます。

これからは脳梗塞で不自由になった体のリハビリをしっかり行っていこうと決めています。

糖質カット酵母の使用感(糖尿病に効果)

ハナビラタケが血糖値を下げる仕組み

1.インスリンの効きをよくする
ハナビラタケに豊富なβ-グルカンという成分が腸内で消化されれずに余分な糖をからめとって排出する。そのため、膵臓の負担が減って疲労が和らぎ、インスリンの効きがよくなるため、血糖値が下がる
2.脳内ホルモンの分泌を促す
脳内ホルモンの一種である「セロトニン」の分泌を促しストレスを解消する。その結果、血糖値を上昇させるアドレナリンというホルモンの分泌が減り、血糖値の上昇が抑えられる。

ハナビラタケは、脳にも作用しつつ血糖値を減らす作用大 - 自宅で血糖値を下げる

たまねぎはインスリンの働きを活性化し血糖値を下げる、1日4分の1個摂取せよ

たまねぎはヘモグロビンA1C、血糖値共にに低下させる

高血糖や糖尿病で悩んでい る人、さらに予備軍の人も含めてぜひ積極的にとって ほしい食品があります。それ は、タマネギです。 タマネギには、高血糖の改 善に役立つとして注目されて いる、

 

多くの種類のイオウ化 化合物が豊富に含まれていま す。さらにタマネギには、抗酸化物質のケルセチン、イン スリン の材料になる亜鉛・マ グネシウムといったミネラル や食物繊維、ビタミン類も多 く含まれています。

そのため、タマネギを常食すれば、衰えていたインスリ ンの働きが活発になり、高い 血糖値を下げる働きが期待で きるのです。このことは、世界的にも注目されている点です。

タマネギの血糖降下作用にっいては、1923年にカナダのコリップ博士が行った動物実験で、初めて報告されました。

 

その後、1971年にはインドで、1975 年には英国で、糖尿病の患者さんにタマネギをとってもらったところ、血糖値が顕著に下がることが確認されたのです。

 

天然のタマネギの成分を丸ごと粒食品にした「濃縮タマネギ」を使って、次のような試験も行われています。

 

糖尿病の患者さん2人に濃縮タマネギを20週間にわたって毎日とってもらいました。そして、試験前と試験開始から4週間ごとに、食後2時問の血糖値と、ヘモグロビンA1C を測り、その変化を調べたのです。

 

その結果、血糖値については、22人中19人(有効率86 .4%)が低下しました。全体で見ると、試験開始時に平均300mg/dlだった血糖値は、16週以降では平均200mg/dl以下まで低下したのです。

 

一方、ヘモグロビンA1Cは、22人中16人(有効率72.7%)が低下しました。ヘモグロビンA1Cの平均は、試験前はおよそ8% でしたが、2週間後には7% 以下に下がり、安定しました。

 

特筆すべきは、試験後に6人(27.3%)が血糖降下薬を使う必要がなくなったことです。

また、2人の参加者すべてに、低血糖などの副作用は見られませんでした。研究結果を見ると、1日に4分の1個程度(40~50グラム)の、辛みの強い( ストロング系)のタマネギをとれば、血糖値を下げる働きが期待できるようです。高血糖や糖尿病の人は、タマネギを毎日食べるようにしましょう。

血糖値やヘモグロビンA1Cが高いと合併症が怖いと脅かされてしまうかもしれませんがが、生活習慣や食習慣をまじめに変えていけば必ず正常値になります。

ちなみにたまねぎが苦手で食べられない人はたまねぎを原料にしたサプリ「たまねぎ物語」もありますので諦めないでください。

血糖値、ヘモグロビンA1Cを下げる方法はいろいろあります。

血糖値を下げる生活習慣・食習慣

糖尿病はどの時点で本気になるか?だけです。

 

相続税の負担を軽減する2つの贈与方法

相続税を減少させる方法には、「贈与する」「財産の評価を下げる」の2つがあります。今回は贈与の手法について考えてみましょう。

相続税基礎控除が縮小し対象者が拡大

無料法律税務相談所で受ける相談のなかで、最も多い内容は『相続税を安くしたい』ではないでしょうか。

相続税基礎控除が縮小されたことで対象者が広がり、多くの方が気になさっていらっしやるようです。

 

ひと口に「贈与」と言っても、その方法が2つあることをご存じでしょうか。それぞれにメリット・デメリットがありますので、どちらを選択した方が良いのか、じつくり検討する必要があります。

じっくり時問をかけて、確実に節税

1つは『暦年贈与』です。特に届出などは不要で、通常は自然とこちらが選択されます。

毎年1 10万円以内の贈与であれば課税されない「贈与税非課税枠」をコツコツと使い、時間を味方につける方法です。ただし非課税枠を超えると、贈与した金額に応じて10% 〜5% の贈与税が発生します。財産をあげた方が亡くなる前3年以内の贈与については相続財産に加算されてしまいますが、長い期間多くの方へ贈与し続ければ、節税効果は非常に高くなります。

相続税増税される前の平成24年度は29万人の利用でしたが、直近では37万人の方が利用しており、注目が高まっています。

早期に多額を移転したい

一方「相続税基礎控除以下」という方は、もう1つの方法である『相続時精算課税』を検討なさってはいかがでしょうか。

暦年贈与と比べて適用要件が細かいですが、これを活用することにより、一度に多額の財産を相続人へ移すことができます。

特徴的なのは、基本的に節税にはならないこと。と申しますのは名称の通り、相続時に贈与した分を精算する制度なので、贈与した財産をいったん相続税の計算に加算し直さなければなりません。それでは、どんな点がメリットとなるのでしょうか。精算課税制度では、相続税の計算に加算し直す財産の価額は、「贈与時」の価額になります。

 

つまり、将来確実に価額の上昇が見込まれるような土地などの財産を生前に贈与することで、価額上昇分の相続税を節税することができます。またアパートなどの収益物件を贈与した場合、毎月の家賃収入はその物件の所有者が受け取りますので、贈与をした方の所得税の圧縮効果があり、ひいては相続税も軽減されます。

 

さらに「居住用財産の3000万円の特別控除」 を適用するために自宅を親子共有とすれば、親子でそれぞれ3000万円の特別控除を受けることができます。

注意点としては、精算課税制度を一度選択すると、二度と暦年贈与の方法を使うことができません。どちらのケースが長期的視点で有利に働くかを見定めるには、何よりも現状把握が大切になります。

 
暦年贈与
相続時精算課税
贈与をする人
誰でもOK
60歳以上の親
贈与を受ける人
誰でもOK
20歳以上の子・孫
非課税枠
贈与を受ける人ごとに年間110万円以内
贈与をする人ごとに相続があるまで500万円以内(父母を合わせれば5000万円となる)
相続時の財産の評価
贈与時
贈与時
メリット
  • 亡くなる3年より前の贈与や贈与税の配偶者控除の特例は確実に節税となる。
  • 長い間続ければ節税効果は高い
  • 1度に多額の財産を移転できる。
  • 将来確実に値上がりが見込める財産や収益物件の贈与に節税効果あり。
デメリット
税負担なしには多額の贈与ができない。贈与の証拠を残すのが手間。
財産を使い切ってしまったり、価格が下落して相続税の納税が困難になるリスクがある。
相続時の控除
贈与税額の控除あり
贈与税額の控除あり
相続時の還付
還付されない
還付される

節税目的の 養子縁組の落とし穴についてはこちら。

発酵ハトムギ「スーパーゴールド」 の成分

スーパーゴールドは、半鐘屋独自の製法で発芽活性させたはとむぎをベースに、「本当に体に良い」と実感できたこだわりの13種類の食品を混合した食品です。

もちろん、醗酵はとむぎ「はとむぎ紅麹も入っております。

牛乳やお湯、お茶などのお好きなお飲み物に混ぜたり、またヨーグルトなどに混ぜてお召し上がり下さい。

原材料

ハトムギ、黒糖、脱脂粉乳よもぎ、ココア、はとむぎ紅麹(ハトムギ、紅麹)、米紅麹(米、紅麹)、キチンオリゴ糖(甲殻類抽出物)、国産小麦胚芽、国産小麦ふすま、納豆由来大豆発酵食品(大豆、納豆菌)、食用卵殻粉、真珠粉

※小麦粉・乳・大豆などのアレルギー物質を含む製品と同じラインで小分け製造しています。

特徴

はとむぎは元来、温暖な日本にはなく、インド、東南アジアの熱帯、亜熱帯を原産として、厳しい熱射に耐え「落ちた実ひとつ、成らぬ実はない」と言われるほど元気に繁殖する力を持つ「命と健康の草」とも呼ばれている植物です。

各国で、真珠の麦、太陽の麦、聖者の涙という別名を持ち、健康維持や滋養食として長く愛用されてきました。 はとむぎを当社独自の製法で発芽活性させたのち、焙煎後、粉末にしております。発芽活性はとむぎをベースに、こだわりの13種類の食品を混合した食品です。

また、配合されております「はとむぎ紅麹」は、発酵はとむぎとしても親しまれております。 当製品の一部に納豆から製造されているものがあります。食事制限等で納豆を食べてはいけない方は、ご利用をお控え下さい。

発芽活性はとむぎ煎粉
半鐘屋独自の製法で発芽活性化させたはとむぎを焙煎後、粉末にしたもの
はとむぎ紅麹
半鐘屋独自の技術により紅麹ではとむぎを発酵させたもの
よもぎ微粉末
国産のよもぎを水洗いし、アクを抜いてゆでて乾燥し、繊維も丸ごと抹茶状の微粉末に加工したもの。ヨモギはお灸のもぐさの原料や草餅の材料としておなじみの植物。浄血・増血によいとされ、そのクロロフィルはウィルス性の風邪などにも良いとされている。
キチンオリゴ糖
甲殻類からの抽出物。キチンキトサンをオリゴ糖に変えたもの。コレステロールの吸収を抑えるキチンキトサンの働きはよく知られているが、キチンオリゴ糖はキチンキトサンの100倍もの吸収力があるとされ体内の毒素排泄にも効果がある。
大豆発酵食品(納豆由来)
骨とカルシウムの接着剤の働きをするもの。骨密度があがり、骨粗鬆症の予防に著しい効果があり、また、これに含まれているナットウキナーゼという酵素血栓を溶かす作用がある。
国産小麦ふすま
国産小麦の表皮部分。小麦の粒からふすまとはい芽が取り除かれものが小麦となる。小麦ふすまには普段の食生活では摂取しにくい穀物由来の食物繊維を50%も含んでいる。食物繊維以外にも鉄分、カルシウム、マグネシウム亜鉛、銅などの栄養成分が含まれる。
卵殻粉
カルシウムを多く含むビタミンK2とともに作用し、骨を丈夫にする
真珠粉
海ではぐくまれる天然のミネラル源。その真珠を粉末にしたもので鉄やマグネシウム、カルシウム、亜年などが含まれる。
脱脂粉乳
カルシウムや良質の動物性タンパク質を含み、唯一ハトムギに不足しているリジンという必須アミノ酸を補給する。
黒糖
一般的にミネラルが多いとされる成分中のカリウムが塩分を分解、排泄する。吸収が穏やかで白砂糖のように血糖値が急激に上げることはない。
米紅麹
紅麹とは酒や味噌、しょうゆなどをつくるときに使用される麹の一種。鮮やかな紅色をしている。血圧を安定させる効果がある。
ココア
ポリフェノール一種であるフラボノイドが豊富に含まれる。抗酸化作用があり体の酸化を防ぐ。

「発酵ハトムギ」一覧

下痢が続くと痔になってしまう

下痢が2~3日続いていたら、痔になってしまった!」という人が最近増えています。「便秘と痔は切っても切れない仲」というのはよく聞きますが、じつは、下痢と痔も深い関係にあります。

下痢になると便が漏れ出ないように、肛門を締める括約筋が過度に緊張した状態になります。さらに何度もトイレに行くので肛門に負担がかかります。その結果、お尻の血行が悪くなっていぼ痔になったり、肛門に傷がついて切れ痔になることがあるのです。

下痢のタイプはこちら。

 

また、直腸と肛門の境目には歯状線というくぼみがあります。このぼみに便の中のばい菌が感染して化膿すると、一般に「あな痔」といわれる痔ろうになってしまいます。

 

その最大の原因が下痢です。便が水様性になるほど歯状線のくぽみうみに入りやすいからです。最初は膿をもったおできができ、お尻の痛みや38 度以上の熱が出ることもあります。

 

化膿が進んで膿が出ると痛みや熱は治まりますが、化膿を繰り返すことがあります。便秘と下痢は相反する状態ですが、どちらも痔の最大の原因となるわけです。お尻は口から入った食べ物の旅が終わる終着駅です。つまり、「終わりよければすべてよし!」で、すっきり排便できる人はなんの問題もないということです。

しかし、不規則な生活や暴飲暴食、心身のストレスがあるとスムーズな旅の終わりを飾ることはできません。快便をめざすには、やはり日ごろの生活を見直すことが大事なのです。

 

内側の痔、便が硬い場合の痔の薬 | 通販、薬局、ドラッグストアーで購入できる薬

アカシアポリフェノールを摂るとインスリンを節約しつつ効き目を高めて糖尿病おw改善

高脂肪食を口にしても血糖値を抑えられてた

私たちの研究チームは、アカシアポリフェノールが持つ健康作用を調べてきました。これまで、糖尿病や肥満、高脂血症脂質異常症)、高血圧など、多くの生活習慣病の予防・改善に、アカシアポリフェノールの役立つことが判明しています。

マウスによる実験

まず、私たちは、普通に飼育しても糖尿病と肥満を発症する実験用マウスを用い、それぞれに

  1. 普通食
  2. 高脂肪食
  3. 高脂肪食にアカシアポリフェノールを混ぜたえさ

を与えて糖尿病に対する効果を調べました。その結果、「3の高脂肪食にアカシアポリフェノールを混ぜたえさ」を食べたマウスでは、空腹時血糖値の低下と、血液中のインスリン濃度の低下が確認され、体重の増加も抑えられていました。注目すべきは、血糖値が低下しただけでなく、血液中のインスリン(血糖値を下げるホルモン) の畳も低下したことです。

これは、インスリンの分泌量が少なくても血糖値が下がった、つまり、インスリンの効き目が高まった、ということを意味します。インスリンが分泌されているにもかかわらず、その働きが悪いために血糖値が下がりにくくなることを「インスリン抵抗性」といいます。

そのインスリン抵抗性を改善する作用が、アカシアポリフェノールにはあることが示されたのです。

人への効果

こうした動物実験の成果を踏まえ、アカシアポリフェノールをヒトが摂取した場合、同様の効果が現れるのか、試験が行われました。

境界型の糖尿病患者17名の協力得て、アカシアポリフェノールを8週間摂取してもらいました。その前後に、75gブドウ糖負荷試験を行い、血糖値と血中インスリン値の推移を比較したのです。

この試験では、空腹時に75gのブドウ糖を含む砂糖水を飲んでもらい、30分間隔で血液検査を行いました。すると、アカシアポリフェノールの摂取後の検査では、血糖値と血中インスリン濃度のいずれも、摂取前に比べて低く抑えられていたのです。

インスリンの効き目を高めることで、その分泌量を節約しっつ、血糖値を効果的に下げるアカシアポリフェノールの作用が、ヒトでも裏づけられました。